B型肝炎の訴訟問題について知識を身につけよ|知っとこ法律問題

案内

借金の対処方法

自己破産について

法律

大阪に住んでいる人が、借金で首が回らない状況に追い詰められている場合は、弁護士や司法書士に相談をして、債務整理の手続きを取ってもらうようにするとよいです。借金の対処方法として一番よく知られているのは自己破産ですが、自己破産は数ある債務整理方法の中で最終手段とも言える方法ですので、安易に行うべきではありません。大阪には債務整理問題だけを専門に取り扱っている弁護士や司法書士がたくさんいますので、まずは自己破産以外の方法で債務整理できるかどうかを相談してみるとよいです。自己破産が裁判所に認められると、借金全額をチャラにしてもらうことができる反面、日常生活に様々な支障が出ます。また、当座の生活費だけを残して全ての財産を失うことになりますので、自己破産制度を安易に利用してはいけません。

家を失わない方法について

住宅ローンを組んで家を買った後で、勤め先の会社が倒産してしまったり、病気で働けなくなってしまったりするケースがよくあります。収入を得ることができなくなると生活が苦しくなってしまいますし、住宅ローンの返済も滞るようになります。住宅ローンを滞納するといずれ自宅を競売にかけられてしまうことになりますので、消費者金融からお金を借りて一時的に凌ぐという方法を取る人が少なくありません。しかし、それをきっかけにして借金地獄にはまり込んでしまう人が大勢います。その問題を解決する方法として自己破産の手続きを取れば全ての借金から解放されることができます。しかし、その代わりに住む家を失ってしまいます。どうしても家を失いたくないという人は、個人再生手続きの利用を検討してみるとよいです。個人再生は裁判所を通して行う債務整理の方法ですので、専門家のサポートが必須になります。幸いなことに、大阪には個人再生手続きを得意としている法律事務所がありますから、大阪に住んでいる人がそのような状況に陥って困っている場合は、そこへ行って相談してみることをおすすめします。